かけ放題を提供している格安SIMは二つ

比較

大手キャリアではかけ放題が一般的ですが、格安SIMの中でかけ放題を提供しているのはごく少数です。それは大手キャリアがかけ放題ができるような回線をMVNOに提供していないからです。

そんな中、楽天モバイルとNifMoは格安SIMでもかけ放題を使うことができます。でもこの二つのかけ放題には大きな違いもあります。何が違うのか、どちらがお得なのか比較してみましょう。

楽天モバイルのかけ放題

楽天モバイルのかけ放題は5分以内の通話のかけ放題です。大手キャリアでも同様のサービスが提供されていますが、大手キャリアが月額1,700円かかるのに対し、楽天モバイルは半額の月額850円でかけ放題を使えるようになっています。

楽天モバイルのかけ放題は楽天でんわ(通話料を半額にするサービスまたはアプリ)と同じく、大手キャリアの通話回線とは別の通話回線を通すことでかけ放題サービスを実現しています。そのため、通話品質は通常の携帯電話回線と同じく高品質です。

また、大手キャリアが5分超過分に対して30秒20円の通話料がかかるのに対し、楽天モバイルのかけ放題だと5分超過分は30秒10円の楽天でんわと同じ料金なのも嬉しいところ。いずれにせよ大手キャリアの半額で使えるかけ放題には大手キャリアのユーザーもひかれるのではないでしょうか?

NifMoのかけ放題

一方で、NifMoは通話時間無制限のかけ放題「Nifmoでんわ」を提供しています。大手キャリアでは月額2,700円で提供されていますが、NifMoは月額1,300円で国内のかけ放題、月額2,700円で国内+海外への国際通話も定額で使うことができます。

こちらも大手キャリアと比べて半額ですが、かけ放題の提供方法が楽天モバイルとは異なります。NifMoのかけ放題はIP電話を利用したかけ放題プランです。

IP電話というのは、音声通話用の電話回線ではなく、インターネットを経由した電話で、インターネット回線のほうが安いので結果的に通話サービスを安く提供できます。そのかわり通話の品質が電話回線に比べ不安定ですし、緊急電話にかけられないなどのデメリットもあります。

NifMoのかけ放題の場合、音声通話SIMの契約が条件なので、緊急電話をかける場合には専用アプリではなく通常の方法で発信すれば使うことができそうです。それよりも問題は「IP電話で月額1,300円は安いのか?」というところです。

どの格安SIMを使っているとしても、別途IP電話のサービスを使うことは可能です。有名なのはNTTの050plusで、月額300円かかりますが、050plus同士、また提携IP電話との通話は無料、固定電話向けは3分8円、携帯電話向けは1分16円で発信できます(全部税抜きです)

これより1,000円余分に出してかけ放題にしたほうが安くなるケースというと、すべて携帯電話向けで毎月62分、すべて固定電話向けなら毎月375分通話する場合のみです。最近は携帯電話でもスマホを使う人が多いでしょうから、LINEなどで無料のIP電話を使えますし、短い電話をたくさんするなら楽天モバイルのかけ放題で十分です。

そう考えると、NifMoでんわでお得になる人は相当限られると思います。例えば頻繁に長電話をする親しい友人がガラケーユーザーだとか、スマホが使えない親に頻繁に電話を掛けるとか、国際電話を頻繁に掛けるとか、そういう場合に限られます。

楽天モバイルのかけ放題がおすすめ

結論としては、大半の人におすすめするのは楽天モバイルのかけ放題を使うことです。楽天モバイルならスマホ本体の価格も安いので、新たにスマホを購入する人にもおすすめです。

楽天モバイル


また、前述のように限られた状況ではありますが、NifMoのかけ放題を使うことでお得になる人もいるとは思います。いずれにしても大手キャリアよりは安いので、低価格でかけ放題を使いたいならいい選択肢でしょう。

NifMo